Loading…
This event has ended. Create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own

【テーマ】「産業界に資するイノベーション教育とは何か」- 大学における教育改革と将来のイノベーション教育のあるべき方向性 -

イノベーション教育学会の年次大会は第4回目を数え、この度は、2016年6月に東京工業大学にて開催することとなりました。今回は、東京工業大学EDGEプログラムである「チーム志向越境型アントレプレナー育成プログラム(通称CBECプログラム)」との共催となることもあり、産業界に資するイノベーション教育とは何かを問い、大学における教育改革と将来のイノベーション教育のあるべき方向性について議論するため、各機関が行っている先進的なワークショップ事例発表や、イノベーション教育の最新事例発表の機会も設けました。また、新しい試みとして、イノベーション教育科学研究部門の発表機会を初めて設けました。教育関係者はもとより産業界からも多くの方々、機関がご参加されることを期待しています。 

▶開催概要(参加方法と公募情報)

View analytic
Sunday, June 19 • TBA
イノベーション人材に共通する行動特性の考察

Log in to save this to your schedule and see who's attending!

社会変化の加速によって、企業を取り巻く環境の不確実性は増加し、リスクも増大している。企業における新商品・サービス・事業の探索は、将来の不確実性に対する保険と考えられ、近年ではそのための組織や人材育成の必要性が高まっている。イノベーション・コンサルティング企業i.labでは、2012年の創設時からこれまで、多業種の民間企業の新商品・サービス・事業開発をプロジェクト形式で伴走してきた。本発表では、i.labでの実践的なプロジェクトを通じて見えてきた、イノベーションのための人材(マネジャー、リーダー、メンバー)として、身につけるべき行動特性について考察した。