Loading…
This event has ended. Create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own

【テーマ】「産業界に資するイノベーション教育とは何か」- 大学における教育改革と将来のイノベーション教育のあるべき方向性 -

イノベーション教育学会の年次大会は第4回目を数え、この度は、2016年6月に東京工業大学にて開催することとなりました。今回は、東京工業大学EDGEプログラムである「チーム志向越境型アントレプレナー育成プログラム(通称CBECプログラム)」との共催となることもあり、産業界に資するイノベーション教育とは何かを問い、大学における教育改革と将来のイノベーション教育のあるべき方向性について議論するため、各機関が行っている先進的なワークショップ事例発表や、イノベーション教育の最新事例発表の機会も設けました。また、新しい試みとして、イノベーション教育科学研究部門の発表機会を初めて設けました。教育関係者はもとより産業界からも多くの方々、機関がご参加されることを期待しています。 

▶開催概要(参加方法と公募情報)

View analytic
Saturday, June 18 • 10:30 - 11:00
事例発表(3):デザイン思考を活用した九州大学のイノベーション教育事例

Log in to save this to your schedule and see who's attending!

九州大学において実施している授業、「新興国アントレプレナーシップ」等のデザイン思考を活用したイノベーション教育事例について発表、趣旨や背景、特色、ポイント、予算、提携先、成果、効果、課題等を解説する。

Speakers
avatar for 谷川 徹

谷川 徹

特命教授, 九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター
日本開発銀行(現日本政策投資銀行)出身。1973年同行入行後審査、経営企画、国際(含ロサンゼルス首席駐在員)他、様々な業務を担当した後2000... Read More →



Saturday June 18, 2016 10:30 - 11:00
3階 フェライト会議室