Loading…
This event has ended. Create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own

【テーマ】「産業界に資するイノベーション教育とは何か」- 大学における教育改革と将来のイノベーション教育のあるべき方向性 -

イノベーション教育学会の年次大会は第4回目を数え、この度は、2016年6月に東京工業大学にて開催することとなりました。今回は、東京工業大学EDGEプログラムである「チーム志向越境型アントレプレナー育成プログラム(通称CBECプログラム)」との共催となることもあり、産業界に資するイノベーション教育とは何かを問い、大学における教育改革と将来のイノベーション教育のあるべき方向性について議論するため、各機関が行っている先進的なワークショップ事例発表や、イノベーション教育の最新事例発表の機会も設けました。また、新しい試みとして、イノベーション教育科学研究部門の発表機会を初めて設けました。教育関係者はもとより産業界からも多くの方々、機関がご参加されることを期待しています。 

▶開催概要(参加方法と公募情報)

View analytic
Saturday, June 18 • 09:30 - 10:00
事例発表(1):東京大学i.school におけるイノベーション教育2.0

Log in to save this to your schedule and see who's attending!

東京大学i.schoolでは、学生の目標を二つ定めている。 
一つ目は、創造的な課題が与えられた際に何らかの成果物を出せる、つまりアイデアを出せるようになるということである。 
二つ目は、成果物を出すまでのプロセスを自ら設計しマネジメントも出来るようになることである。 
世界中のイノベーション教育機関と比較した際のi.schoolの本質的な特徴は、前述の二つ目の教育目標を強く意識した教育プログラムを提供しているところにある。 
例えば、高等教育機関においてイノベーション教育に携わる教職員向けに、ワークショップの設計とファシリテーションのための教育プログラムを、2014年度より提供してきた。 
他にも、学生の中で一つ目の目標を達成しアイデアを出せるようになった「i.school修了生」に対しては、後輩向けのワークショップの設計やディスカッションパートナーの役割を通じて、メタ的にそのワークショップを俯瞰する機会を提供している。 
本発表においては、創造的プロセスを設計出来るようになるための教育プログラム事例の紹介と、これからの課題について議論を行いたい。

Speakers
avatar for 横田 幸信

横田 幸信

ディレクター, 東京大学i.school
東京大学i.schoolディレクター。イノベーションコンサルティング企業i.lab, Inc. マネージング・ディレクター。小学生向けの教育系NPO Motivation Maker... Read More →



Saturday June 18, 2016 09:30 - 10:00
3階 フェライト会議室